仮想通貨の無駄知識を調べよう 子ども編

前回

仮想通貨の無駄知識を増やそう ニコ生編 - クリプトに思いを馳せて

前回の反省点

  • ニコ生×仮想通貨の需要はあまりない
  • 仮想通貨の話を皆したい訳ではない

このことに気づかされました。

 

では今回はどのような話なら興味を持つのか

 これについて考えてみようと思います。

 

仮想通貨の話をしている人の9割は価格と将来性 について語っているように見えます。

 

 

などなど

仮想通貨の将来性の話なら皆興味を持ってもらえるのだと思います。

 

将来を考える上で僕が大事だと思っているのは柔軟な考え方です。

 

 

極論を言うと、

 

今まで築いてきた常識は仮想通貨の将来を考える上では邪魔にしかならない

 

こう考えてもいいと思います。

今までなかった物が急激に増えてきているのだから当然ですよね。

 

だから僕のように欲にまみれて仮想通貨を考えてしまうと柔軟な発送から遠ざかってしまいます。

 

将来性を考えていても結局最後は

 

仮想通貨に価値(価格)があるか?

に行き着いてしまうのでこうなってしまっては、視野が狭くなってしまいます。

 

 

では柔軟な発想を出来る人は誰か?

ここを間違えてしまうと結論が無茶苦茶になってしまいます。

 

Twitterや5ch のように議論が交わされている場であっても、色々な思惑が交差していて、とてもじゃないが柔軟な発想を見れるような場ではありません。

 

 

柔軟な発想……

 

 

 

……

 

 

 

 


f:id:borick:20180319191532j:image

 

 

いましたね(笑)

 

まぁタイトルに書いてあるのだから答えはわかっていたとは思いますが(笑)

 

子どもならではの柔軟な発想を取り入れることが出来れば今まで気づかされなかった新たな発想に行き着くと思います。

 

 

子どもとの会話というのは

順序というものがなく、

「見たまま」であったり、大人では思い付かないようなことを思いついたり、脈絡のない話を合わせて新たな発想をするらしいです。

 

このような体験を

「神話的時間」といいます。

 

 

これがあれば、仮想通貨の将来が見えてくるかもしれません。

 

ということで早速

Google先生に登場してもらい

「子ども」「仮想通貨」

で検索していこうと思います。

 

今回は軽くジャブで -検索や 完全一致検索は使いません

 

いざ検索してみると

 

「子どもでもわかる仮想通貨」という大人向けのページや「お年玉の税金」さらには 「子どもの教育費を仮仮想通貨で稼ぐ」などといったことばかりで仮想通貨の将来について考えているページには行き着きませんでした。

 

 

そうした中で

こどもタウン | NPO法人 NEXT CONEXION

というのを見つけました。

 

要するに

NPO法人が 仮想通貨 【イット】を使って

社会や経済を疑似体験するという企画のようです。

 

世の中にはSCAMなどと言われ疑似体験すら出来ずに消え行く仮想通貨もあるなかで【イット】は流通しています(笑)

 

地域で○○トークンを発行して独自経済圏を作るなどと宣う輩もいるらしいですが、実は既に実行されていたのです!!

 

仮想通貨違いではあるけどこれも立派な仮想通貨なので、ある意味一番流通している通貨と言ってもいいのかもしれません。

 

 

 

 

 

…………

 

 

 

 

 結局こういう話になるんだなぁ……

 

にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン情報へ
にほんブログ村