FXではなくて仮想通貨の将来を考えていきたい


f:id:borick:20180312225335j:image

最近一つの疑問があって

 

12月から仮想通貨取引を始めて利益を出してる人はいるのでしょうか? 

 

所謂出川組と言われる人達なのですが、Twitterなどを見ていても勝っている人も少なからずいるようですが、大半は大負けか、微負けの人がほとんどだと思います。

 

 

そうした中でも勝ってる人はどのような人か観察してみるとほとんどビットコインFXをしてる人ばかりです。

 

仮想通貨というボラティリティの高い投資で更にFXをやるなんて正気の沙汰ではないと思う反面 そこまでリスクを取らないと勝てない相場になってきているようです。

 

2016~2017年の相場を知らないので間違いかもしれませんが、2018年になるまではFXをしなくても勝てる相場だったとのだと思います。

 

それが今ではFXをして億り人になろうとする流れにも見えます。

 

今では 初心者を上級者にするように人を育てるより FXでテクニカル分析して相場を予想する人が人気になってきています。

 

それが間違いではないけど、FXでしか勝てない相場にはなってほしくいとは思います。

 

FXが魅力的に映るというのは言うならば、仮想通貨の魅力がなくなってきているとも とれます。

 

日本で上場していない仮想通貨で将来性のある通貨を持とうするより、瞬間瞬間で楽しめるFXに人が流れ刈られていくのを見ると仮想通貨界隈が殺伐としていくのも納得です。

 

チャートを見るのも楽しいし、今後チャートがどうなるのか分析するのも楽しいです。

でもそれでは、ある通貨が流通するとどんな社会になるのだろうということもまた、仮想通貨を盛り上げることに繋がると思います。

 

 

ブロックチェーンを使ったゲーム も今後はどんどんアップされていくと思います。

 

それが社会を変えるとは思いませんが、それでも近未来を体感できるのでこういうことが流行っていくことを期待したいです。

 

FXで消耗するより将来を考えて消耗していきたいものです。

 

 にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン情報へ

にほんブログ村