Twitterの仮想通貨界隈は殺伐し過ぎている


f:id:borick:20180311193600j:image

 

 

Twitterの仮想通貨界隈まじで怖すぎですよ(笑)

 

自分の持ってる仮想通貨を上げるために日々ポジトークを行い、

先行社優位ということだけで後から参入してきた人を「出川組」や「剛力組」などと馬鹿にする人が多い。

 

さらに、暴落しているから今は損切りだと思って手放したら「狼狽売り」だと馬鹿にする

 

狼狽売り」損切りの意味の違いを調べても明確な違いは特になさそうで結局他人を見下すワードとしてしか使われていない。

 

投機の世界だから「自己責任」と他人から押し付けられ、CC事件で被害を被ったから被害者の会をつくったら 非中央集権が仮想通貨の根本なのに困ったら泣きつくのかよと馬鹿にされる。

 

もう見ていると隙を見せたら即他人を見下す傾向が強いようにみえます。まぁ僕がそうではないとは言いきれませんが(笑)

 

そうした背景にあるのは結局仮想通貨界隈で影響力を強めたい人が多いからだと考えています。

 

Twitterにおいて仮想通貨界隈で影響力を強めるにはまず、

チャート分析や独自のグラフを用いて

今後の仮想通貨の相場を予想するというのが、とても重要だと思います。

 

当たれば儲けもの、外せば仕方がないですむので結局どんどん情報を公開して当たった事実を増やすことで、次第に仮想通貨界隈で影響力を与えるられるのではないかと思います。

 

だって相場を外したって投機は自己責任なんだからデメリットはほぼないようなもんですしね(笑)

 

仮想通貨でそういう発言が多いのは、

どんな草コインを買ってもどのタイミングで上がるかは分からないけど確実に10%近くの暴騰があります。

だからいつか上がると言い続けられる根気があれば誰でと相場予想を当てることが出来ます。

 

それに根拠を持たせるために、今後はこれが流行るとでも言えば説得力もあるように見えますしね(笑)

 

 

そうして影響力を増やしていくにつれて、

自分の信者を増やすために他人を蹴散らす風潮が蔓延していくのだと思います。

 

そうなってくると、誹謗中傷が増えてどんどん増えて仮想通貨界隈が荒れていくようになっていくのだと思います。

 

だけど仮想通貨界隈が荒れた所で自分が稼げればいいと、思う人が大半なのでこの状況はかわらないでしょう。

 

仮想通貨界隈で正直人格者はほぼ皆無だと思います。 

 

仮想通貨はマクロ的に見るのが一番いいと思うので◯◯な人の言葉だから信頼出来るという考え方はなるべく辞めるべきだと僕は思います。

 

 にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン情報へ

にほんブログ村