出川組で生き残った化け物たちの特徴


f:id:borick:20180415160659j:image

 

Twitterを見ていると 仮想通貨の復調の兆しが見えはじめ 少し界隈が慌ただしくなってきました。

 

思えば2018年から続く下落相場で、初心者の興が削がれていき、初心者がほとんどいなくなったように思います。

 

 

そうした中でも生き残った出川組達がここからの爆益を目指し、様々な形でこの相場を生き抜いていこうとする姿を見えてきます。

 

 

そうして生まれた化け物達の特徴を紹介していこうと思います。

 

 

まずこの相場で生き残ってる人達は基本的に

 

ポジティブなんですよね

 

仮想通貨のオフ会などに何回か参加したことがあるのですが、みんな2020年までに

ビットコイン価格は何十倍にもなるという記事を信じたり、ブロックチェーンという新たな技術に期待したりと、

あまり皆ネガティブな気持ちを持っていないんですよね

 

今は落ち込んでいるけどそのうち上がるという幻想をもちつつ、今を耐えている人たちがほとんどだと思います。

 

 

次に生き残ってる人達は多少なかれの

 

万能感を持っているという点ですね。

 

これは僕にも当てはまるのですが、

同じ時期に始めた同期は儲からないと思って

引退したり飽きて仮想通貨に興味をなくす人達が多いなか 負けたくないという気持ちから離れずに勉強していく姿勢をよく見かけます。

 

そうして負けて辞めていった人達とは違うという気持ちや こんな相場でも諦めないという気持ちに酔っている人達が生き残るのだと思います。

 

こんな言い方をすると、馬鹿にしているみたいに見えるかもしれませんが、

このような気持ちがないと、今の相場では生き残れないと思うので、このようなスタンスを持っている人達が多いのだと思います。

 

次に上げられる特徴としては、

 

仲間意識が高いという点が上げられると思います。

 

どんどん周りが離れていくなか、生き残った人達なので当然といえば当然なのですが、

自然と出川組というくくりのおかげで、仲間意識が強くなっていくからだと思います。

 

 

最後に

皆貪欲なのです。

 

Twitterなどで見かける出川組の多くは、

やり方は違えど皆自分を宣伝しているんですよね。

 

出川組のことが書いてある記事にコメントついでに自分のサイトをさりげなく宣伝したりして、少しでも知名度を上げようと努力している人が多い印象です。

 

この事が悪いのではなく、ただ仮想通貨を買って ガチホしても儲からないと分かっている出川組だからこそ、収益の柱を仮想通貨のみに依存するのではなく、様々な方法を模索しているのだと思います。

 

 

今生き残ってる出川組の特徴として

  • ポジティブ
  • 万能感
  • 仲間意識
  • 貪欲

 この4つが共通して見られる傾向だと思います。

 

例えば

出川組に対して 「ここで引退しないやつは強い」という記事に対してのリプライの多くを見てみると

 

「今は負けているけどこの相場を生き抜いて買ってみせます 」


「軽い気持ちで始めて負けているけど今はすごく楽しいです。」


「今を耐えて出川組と馬鹿にした人達を見返そう」


というポジティブな気持ちや、出川組という揶揄に対して負けない気持ちであったり

皆で乗り越えていこうという仲間意識更には、人とは違うという万能感が多く見られます。

 

更に面白いのが

この4つの特徴として現れる時期というのは、

 

  1. ポジティブ
  2. 仲間意識
  3. 万能感
  4. 貪欲

この順番に現れていくということです。

 

 

まずコインチェックの盗難事件を皮切りに大暴落が始まったのですが、

 

そこで生き残った出川組は皆ポジティブな気持ちで「そのうちあがるだろw」楽観視していた人たちがほとんどだと思います。

 

しかし2月になってもなかなか上がる気配を見せずに辞める人達が増えてきます。

そうしたときに、

 「出川組だけど皆で頑張ろうという

仲間意識が強いリプライを多くみえます。

 

この時の僕は始めたはいいけど不安で仲間を見つけたいという気持ちが多かったです。

他の人達も同じような気持ちだったのではないかと思います。

 

 

そうした状況でも

3月に入ってもなかなか仮想通貨の価格は上がらない。そうなると

「皆が引退するなか生き残っている俺達はすごい」という万能感が垣間見れるリプライを、多く見かけるようになりました。

 

この時期としては、直ぐに上がるというのは、幻想だと気づきはじめた人が多いでしょう。しかし、それでも続けれるのは少数です。すると「俺達は普通の出川組とは違う」という気持ちが芽生えはじめてきたのではないかと思います。

 

 

そうして4月に入って

仮想通貨関連の不安要素が徐々になくなってきた時に、「皆で頑張ろう」と言いつつ、さりげなく宣伝する人が増えて来たように思います。

 

知識も増えはじめて、情報を追うのではなく発信する立場になった出川組の出現です。

 

こうして貪欲な気持ちで仮想通貨に携わる出川組が増えてきたということは、

 

ここから

出川組の逆襲が始まるのではないかと想うのです。

 

よく言われている

出川組がこれから勝つかもしれないという理由で挙げられるのが

 

  • 暴落相場を経験した
  • 根性がある
  • 上げ相場以外での生き残り方を知っている

ということをよく目にします。

 

しかし、出川組の生き残り方は今までの人達とは一味違うのだと僕は信じています。

 

 

皆で頑張って生き残ろうな

 

 

 

  

 

 

 

 

 

ヴァーチャルyoutuberの魅力について


f:id:borick:20180412201746j:image

 

どーも トーマスです。

https://twitter.com/qsL9UpxSkHPsSoyです。

 

正直youtuberというものが苦手で今まで見ていなかったのですが、

ここ最近のヴァーチャルyoutuber人気を見て

有名どころの

などの動画を見てみたのですが

 

今まではyoutuberだからといって敬遠していたのですがいざ見てみると 何時間も見ていたりしています(笑)

 

爆笑するような面白さがあるわけではないですが、隙間の時間で見るにはちょうどいい感じで皆さんが見てる理由が少しわかりました。

 

 

ヴァーチャルyoutuberを語る上では色々な切り口があると思いますが、今回は【魅力】

 について少し考えてみたいと思います。

 

まずなんといってもみんな可愛いんですよね

動きも入るとその可愛さが倍増するんですよ

見たことがない人ぜひ動画を見てほしいのですが、静止画では伝わらない可愛さというのが分かると思います。

 

では続いて内容についてなのですが、

僕の見ているヴァーチャルyoutuber大半は

王道の笑いで人気を博しているわけではないんですよね。

 

キズナアイやミライアカリの動画を見ていたら分かると思うのですが、この二人の動画の作りは基本的に00年代後半のバラエティーの流れを継承している」と思うんですよね

 

といっても00年代のバラエティーでは幅が広すぎるですが

キズナアイやミライアカリの緩い感じは

辺りの緩いグダグダした笑いという感じですかね。

 

派手なことをして笑うタイプの昔ながらのバラエティーとは違う緩さというのが

ヴァーチャルyoutuberの多くに共通していると思います。

 

キズナアイのオチの多くは、完璧なAIを自称しつつポンコツさを見せて笑わせる という

 

「自虐ネタ」

 

というのがとても多いです。

 

この「自虐ネタ」 「滑り笑い」という

メタ笑いというのが20代後半の笑いのツボの多くにあるようです。

 

メタ笑いというのは

簡単に説明すると

例えば面白いこと(布団がふっとんだ等)を言った瞬間に笑うというのが今までの笑いだったのですが

 

メタ笑いというのは

面白いことを(布団がふっとんだ等)を言った時に誰かが突っ込んだり おもんねェーな

などの相づちがあった後に笑うという流れになります。

 

滑った雰囲気を作ってそこを壊して笑いが生まれるというのが僕の考えるメタ笑いです。

 

このような笑いがヴァーチャルyoutuber界隈では多いと僕は思います。

 

そのような笑いがあるのもヴァーチャルyoutuberの魅力の一つだと思います。

 

勿論これ以外にも様々な魅力があると思いますが面白さと可愛さというのがヴァーチャルyoutuberの根幹なのではないかと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分と同知識の仮想通貨クラスタの見つけ方


f:id:borick:20180411223603j:image

 

仮想通貨関連のことを一人で調べていても限りがあります。

 

そうなってくるとモチベーションも下がって

仮想通貨から少し距離をおくということになったりすると思います。

 

出川組のぼくとしてはこれが大変痛い問題です。

 

周りでやっている知り合いもだいたい1月下旬から2月辺りの暴落で興味をなくすやつが多くて 仮想通貨の話をすることが減ってきてきて多少なりとも僕のモチベーションにも影響を与えることになったので

 

 

そこで今回は如何にして

同レベルの知識を持つ人と交流出来るか?

 

これについて考えて行きたいと思います。

 

 

まず考大事なのは

仮想通貨に興味のある人を見つけることです

 

「何を当たり前のことを言っているんだ?」と思いますが、初めの一歩として仮想通貨に興味のあるやつを探すのは必須です。

 

そのために必要なのは

仮想通貨のコミュニティを見つけることなのですが、ここからが大変なんです。

 

僕は同レベルの知識を持ってる人を探そうと

 リアルでは

  • 仮想通貨オフ会
  • 金儲けにうるさい知り合いに当たる

など探してみたのですが、なかなか見つかりません。

仮想通貨オフ会に参加してわかったことは、

  • 推しの仮想通貨を薦める人
  • 仮想通貨を始めたい初心者
  • 得た知識をそのまま話す

こういったタイプがほとんどで、僕が想像していた同レベルの知識を語るということが出来ないことが多くありました。

 

勿論それは、僕が仮想通貨の知識がありすぎて周りが知らないという話ではなくて、

見る目線が違って話が合わないということが多かったということです。

 

後オフ会の問題として僕が思ったのは

みんなの知識が違いすぎるので、情報交換をして有益な時間を分かち合うというより、

仮想通貨という土台を通じて知り合いを増やしたい(カモを見つけたい)人が多すぎるということです。

 

(まぁネットの方がカモを見つけたい人の割合が多いのですが オフ会でもカモを見つけたいやつが多かったんですよ(笑))

 

オフ会でのカモを見つけたいやつの常套句として

「仮想通貨上位層で共有される情報がきたのでここでお勧めしたい」なんていうやつは毎回いて露骨なセールスで少し引いた記憶があります(笑)

 

というように、リアル経由で仮想通貨の知り合いを見つけるのはリスクがとても高いです。

 

次に

ネットで見つけるということになると思うのですが、ネットもネットで見つけるのは難しいです。

 

 Twitterなどを見ていてもそうなのですが、

フォローをするだけでは仲良くなれるなんてことは100%ないですし、Twitterの情報だけでは僕は判断できなかったです。

 

しかしネットで見つける場合でおすすめしたいのが、

 

ニコ生やツイキャスなどの動画配信するタイプですね。

 

これがいいと思うのは自分から探すのではなくて誰かが探してくれるということなので

継続するだけで同知識の人が集まってくると思います。

 

 

今回は概要でしか伝えきれなかったのでもう少しこの事について掘り下げていきたいと思います。

 

 

仮想通貨で勝つためにはメンターは必要なのか?

 

f:id:borick:20180409201341j:image

突然ですがみなさんは仮想通貨で勝てていますか?

 

僕は一回も買ったことはありません(笑)

仮想通貨で勝てないのはなぜなのだろうか?

このブログで時々自分なりの考えを書いてはいるのですが、最近思うことがあります。

 

 

それは「自分にはメンターがいないから勝てないのではないか?」という点です。

 

メンターというのは、

メンターとは、仕事上(または人生)の指導者、助言者の意味。メンター制度とは、企業において、新入社員などの精神的なサポートをするために、専任者をもうける制度のことで、日本におけるOJT制度が元になっている。メンターは、キャリア形成をはじめ生活上のさまざまな悩み相談を受けながら、育成にあたる。

ということです。

要するに、そのジャンルに詳しい人が初心者をサポートするといった感じですかね。

 

そのサポートを受けるために何万円も払っている人もいるくらいです。

 

仮想通貨界隈ではあまり見かけないですが、

「有料note」などで発信している方たちも

ある種のメンターと言ってもいいのかもしれません。

 

今の仮想通貨界隈を見てみると、「有料note」を使って買った人のサポートをするという形が主流だと思います。

 

内容はというと、ビットコインFX関連のトレードに関すること」「仮想通貨サイトでの収益の上げ方」が大半を占めるといった感じですね。

 

Twitterで宣伝する場合はこの二種類が非常に多いです。

 

では、他のSNS(LINE)の場合はというと

ICOやプレセール の情報を発信して

仲介料を貰う形が主流です。

 

流れでいうと

○○という仮想通貨のプレセールの枠を手に入れた

その枠が欲しがったら仲介料として利益の○%貰いますが枠を確保します。

 

といった流れですね。

 

またこれを広めるのやり方として、Twitterで宣伝してLINEで囲い混むというやり方も多いです。

 

では、なぜLINEとTwitterでのメンターの稼ぎ方の違いが出るのか考えていきたいと思います。

 

まず考えられる理由としては、

Twitterの場合は1対不特定多数という構図に

LINEの場合は1対1という構図になる

といったことが上げられると思います。

 

Twitterの特性上 一対一という形は取りにくく、更に元々関心のある人がフォローするということなので、囲い混む必要性が薄いという点があります。

 

有料noteを出す人の大半は知名度や少なからず影響力もあるのでフォロワー0.1%でも買う人がいれば充分ということもあり、LINEのような囲い混むようなSNSを使わなくても良いという判断もあるのだと思います。

 

 

ではLINEの場合はというと、

Twitter経由などでLINEに入ってくる上客

(ここでいう上客というのは、99%の人は怪しいと思ってスルーするがそれでもLINEを登録する人)に対して、様々な情報を流したりして

あわよくばお金を突っ込む人を狙う形だと思います。

 

 

そういうLINEのアカウントは

仮想通貨自体で稼ぐよりは

「仮想通貨よりも利益が出ます!!」

と言った内容の方が多いです。

 

ではLINEでプレセールやICOの情報を流すタイプのメンターはどのような形で情報を流すのかというと

最新の仮想通貨ニュースを要約したり、仮想通貨の暴動暴落の情報を流したりして、

仮想通貨のことをよく知っているアピールをし週に2~3回のペースでプレセールの情報を流すというタイプが多いです。

 

 

つまり

Twitterの場合は

自分のキャラ(FXで稼ぐ人はFX 仮想通貨のサイトで稼ぐ人はサイトの情報を)そのものを使ってメンターとしての地位を作り

 

LINEの場合は

自分のキャラを消して淡々とプレセールやICO 仮想通貨よりも稼げる情報を流す

 

といった形を取っています。

 

この違いがわかった所で

タイトルの

 

メンターが必要かどうかについてですが、

 

どの情報が知りたいかという自分の軸があって初めてメンターが必要か考えるべきだと

僕は思います。

 

仮想通貨について分からないから安易に教えてくれる人に金銭を渡して知識を得るというのはやめるべきです。

 

知識がないと詐欺かどうかの判断もつかないので、自分なりに調べてから無理だと思ったときにメンターを活用するという流れが必要だと思います。

 

メンターの全てを否定するわけではないですが、冷静ではないときには手を出すと痛い目に合う可能性が高いのでそれだかは注意してほしいと思います。

 

 

 

 

 

アルトコインのターンはいつくるのか?

最近はビットコインFXにはまってばかりで更新を疎かにしてしまいました( ノ;_ _)ノ

 

FXでぼろ負けしたので、やはり僕には草コインしかないと気持ちを切り替えて、草コインのターンが来ないかと待っているのですが、ボスであるビットコインが元気がないので、草コインのターンが来るかも怪しい状況になっていると思います。

 

3月になればビットコインは復活する

4月になったらアメリカの確定申告が終わって元気になる

 

こういった情報は目にするのですが、それが現実に起こりそうな気配はまったくありません。

 

今はエネルギーを貯めている状況なのかも知れませんが、もう待つのもきつくなってきました。

 

草コインのことをTwitterで検索しても出てくるのは業者っぽいアカウントばかりで普通のひとのアカウントではほとんど草コインについて語っていないのを見ると、草コインが上がる気配はなかなかなさそうです。

 

 

こういうときこそ仕込むチャンスなのかも知れませんが、草コインに突っ込む元気もないので静観しているところです。

 

アルトコインのターンが来たらいいのになぁ

 

 

 

 

インフルエイサーの方たちがビットコインFXを推す理由について考えてみた

 


f:id:borick:20180321184201j:image

仮想通貨界隈では最近ビットコインFXの記事をよく目にします。

 

僕はビットコインFXというのはリスクが有りすぎて抵抗感があり始めるつもりもありませんでした。

 

しかし、ここしばらくの相場をながめているだけでは少し物足りなくなり、ビットコインFXに手を出してしまいました。

 

 

でいざやり始めると意外と楽しいものですね(笑)

 

とりあえず手始めにレバレッジ15倍をかけてやってみたのですが、ものの15分で強制ロスカットされました(笑)

 

まぁ1000円でやったのでそこまで多きな損失にはならなかったですが……

 

 

それでも負けると悔しいものですね

 

だから皆ブログになどで情報を発信しつつ

読者はFXのブログを見に来るんだとやってみて初めてわかりました。

 

 

 仮想通貨で投資が初めてという人がわざわざボラティリティの強いでFXをするのか

なんとなく分かってきました。

 

 

それは

 

皆刺激が足りないんだと思います😏

 

 

 ……

 

 

 

まぁ 分かりきった答えですね(笑)

 

 

やってみてわかったのはFXってほんと刺激的且つやるのは簡単なんですよ

儲かるかはまた別の話ですけど……

 

  • どの仮想通貨が将来的にあがるのだろう?
  • このアルトコインはその内世界を変えるぞ

など仮想通貨の情報を吟味して投資なんかするより「こんだけ上がってるならその内下がるだろw」で数値を決めても全敗はないんで

その内勝てる気になるんですね。

 

そうなると「負けたって取り返せばいいだけじゃん」となってどんどん嵌まっていくんですね。

 

そうして急激な相場の変化なんかにたまたま合わずに調子になって焼かれる人が増えてくるんだと思います。

 

 

こうなると、仮想通貨の将来を考えるより楽なんですよね。

 

楽というのは、

たとえば僕が推している【bitclave(CAT)】とかなんて情報が全然なくて、最初に考えていたビジョンからなかなか発展しない

 

でもビットコインFXをやってれば、

仮想通貨ニュースなどと連動していることが多いので直ぐに価格に反映されるんですね。

 

そうやっていくと、「こんなニュースが出たということは上がる(下がる)んじゃないか?」

と言うことばかりに目がいってしまい、考えるよりすぐに反射的に動いてしまうんだと思います。

 

 そうなってくると日々新しいニュースを探すために色々なサイトをチェックしたりいち早く情報をキャッチしたいと思うのは当然ですよね

 

そうすると、仮想通貨のニュースを更新してるアフィリエイターにとって格好の顧客になるんだと思います。

 

FX民が増える=情報収集をする層が厚くなるのでPVであったり報酬が増えるという流れに繋がっていくと思います。

 

これって 任天堂が「DS Wii」時代に行っていた戦略に似ているんですね

任天堂「一般層をゲーマーに育てる」

 という目標をたててまず、一般層が入りやすくなるようなソフトを充実させて門戸を広くしていました。

 

それと同じように仮想通貨界隈でも

「2018年から参入した層を仮想通貨上級者にするにはどうすればいいか?」

 という問題があると思います。

 

2018年参入組で勝てる人は少ないので仮想通貨から足を洗った人もたくさんいると思います。

 

そうした中で残った人達を残す且つ上級者にするにはFXって物凄くいい素材だと思うんですよね。

 

今の相場は右肩上がりじゃない

「下げ相場でも上げ相場でもFXなら対応出来るし」

今の億り人は大抵FXをやってるなんて聞かされたらそりゃあ飛び付きますよね

 

FXなんてハイリスクハイリターンなので負けたら相当しんどいです

 

だから負けないようにたくさんの情報を集めるようになります。

 

結果的にPVが増える流れになるんだと思います。

 

 

皆がそこまで考えて記事を作っているかは分からないですが、仮想通貨のことを常に考えさせるツールとしてはFXはとてもいいものだと思います。

 

 

 

仮想通貨の無駄知識を調べよう 子ども編

前回

仮想通貨の無駄知識を増やそう ニコ生編 - クリプトに思いを馳せて

前回の反省点

  • ニコ生×仮想通貨の需要はあまりない
  • 仮想通貨の話を皆したい訳ではない

このことに気づかされました。

 

では今回はどのような話なら興味を持つのか

 これについて考えてみようと思います。

 

仮想通貨の話をしている人の9割は価格と将来性 について語っているように見えます。

 

 

などなど

仮想通貨の将来性の話なら皆興味を持ってもらえるのだと思います。

 

将来を考える上で僕が大事だと思っているのは柔軟な考え方です。

 

 

極論を言うと、

 

今まで築いてきた常識は仮想通貨の将来を考える上では邪魔にしかならない

 

こう考えてもいいと思います。

今までなかった物が急激に増えてきているのだから当然ですよね。

 

だから僕のように欲にまみれて仮想通貨を考えてしまうと柔軟な発送から遠ざかってしまいます。

 

将来性を考えていても結局最後は

 

仮想通貨に価値(価格)があるか?

に行き着いてしまうのでこうなってしまっては、視野が狭くなってしまいます。

 

 

では柔軟な発想を出来る人は誰か?

ここを間違えてしまうと結論が無茶苦茶になってしまいます。

 

Twitterや5ch のように議論が交わされている場であっても、色々な思惑が交差していて、とてもじゃないが柔軟な発想を見れるような場ではありません。

 

 

柔軟な発想……

 

 

 

……

 

 

 

 


f:id:borick:20180319191532j:image

 

 

いましたね(笑)

 

まぁタイトルに書いてあるのだから答えはわかっていたとは思いますが(笑)

 

子どもならではの柔軟な発想を取り入れることが出来れば今まで気づかされなかった新たな発想に行き着くと思います。

 

 

子どもとの会話というのは

順序というものがなく、

「見たまま」であったり、大人では思い付かないようなことを思いついたり、脈絡のない話を合わせて新たな発想をするらしいです。

 

このような体験を

「神話的時間」といいます。

 

 

これがあれば、仮想通貨の将来が見えてくるかもしれません。

 

ということで早速

Google先生に登場してもらい

「子ども」「仮想通貨」

で検索していこうと思います。

 

今回は軽くジャブで -検索や 完全一致検索は使いません

 

いざ検索してみると

 

「子どもでもわかる仮想通貨」という大人向けのページや「お年玉の税金」さらには 「子どもの教育費を仮仮想通貨で稼ぐ」などといったことばかりで仮想通貨の将来について考えているページには行き着きませんでした。

 

 

そうした中で

こどもタウン | NPO法人 NEXT CONEXION

というのを見つけました。

 

要するに

NPO法人が 仮想通貨 【イット】を使って

社会や経済を疑似体験するという企画のようです。

 

世の中にはSCAMなどと言われ疑似体験すら出来ずに消え行く仮想通貨もあるなかで【イット】は流通しています(笑)

 

地域で○○トークンを発行して独自経済圏を作るなどと宣う輩もいるらしいですが、実は既に実行されていたのです!!

 

仮想通貨違いではあるけどこれも立派な仮想通貨なので、ある意味一番流通している通貨と言ってもいいのかもしれません。

 

 

 

 

 

…………

 

 

 

 

 結局こういう話になるんだなぁ……

 

にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン情報へ
にほんブログ村