アニメの考察=内容を考えるってことになってる気がする

考察が盛んなアニメ(漫画)と言えば、少し

古いかもしれませんが、

 

ワンピース  HUNTER×HUNTER  進撃の巨人が有名ですよね

 

このようなアニメって、様々な伏線が貼られていて(後付け)それを考察する人がネットには多いですよね。 

 

その人達の考察って読むだけでも面白いし、

よく読み込んでるなぁと素直に感心します。

 

もちろん、その考察に耐えうる作品を描いてる作者もすごいですよ

 

まぁ今はまだ、話がよく見えて来ないと思うのでタイトルの

アニメの考察=先の展開を読む

について少し思ったことを書いていきたいと思います。

 

僕は、先日

 

という記事を書きました。

反響は全然ないのですが(笑)

 

それはいいとして、妖怪ウォッチポケモン

の違いについては色々なサイトでなされているのですが、僕の書いた記事みたいな比較ってあまりされてないんですよね

 

まぁそれを比較する意味がないだけかもしれないのですが(^_^;)

 

それで、だいたいのサイトを流し読みすると 内容(話の流れ)の比較というのが多いんですよ  

ギャグの魅せ方の違い

同じようにノスタルジックな気持ちを刺激する手法の違い

という視点ではあまり語られていないんですよ。

 

ポケモンと妖怪の違いをどのように説明しているか他のサイトを簡単に要約する

 

妖怪は友達

ポケモンはペット

 

みたいな違いを出発点にして、考察する人が多いんですよ

 

この考察が間違ってるとかを言いたいのではないのですが、こういうのを見ると、

考察=内容を精査するばかりのように感じます。

 

ネット界隈(まとめサイト)などもそうなのですが、 内容を考察して、「世界観を読みとく」とか、「伏線を読み取って先を予想する」これがとても多い

 

ワンピース 進撃の巨人 HUNTER×HUNTER

 など、まさに伏線を読み取る話ばかり、まとめられているように思います。

 

僕のような、「内容とは関係ない所から読み取る」という話はまとめサイトじゃほぼ見ません。

 

 こう言うことに興味ない人が多いと言えばそれまでなのですが、それでも少し寂しさを覚えます。

 

でなんでこう言うことに興味がある人が少ないのかについて語りだしたら、いよいよ

めんどくさいやつになるのでこの話はここで切り上げます(笑)

 

ただ一つ言いたいのは

内容ばかり考えるのが考察ではない

と言うのが僕の持論なので、もしこの考えに少しでも共感したら、 内容以外の視点からも考えて頂けたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

ガラパゴスな妖怪ウォッチ グローバルなポケモン

 

 妖怪ウォッチポケモンアニメこれは今の子どもに人気のアニメだと思います。

 

 

 この二つはよく対比させられているのですが、この二つのアニメのギャグの手法は大きく異なります。

 

同じ制作会社が手掛けているはずなのに、その様相は大きく違うので

 

 それの違いについて書いていきたいと思います。

 

 

続きを読む

ポケットモンスター キミにきめた! 感想4

 

 

 

 

 

 以下ネタバレ注意

 

 

 

 

続きを読む

ポケットモンスター キミにきめた! 感想 3

 

 

 

 

 ネタバレ注意

 

 

続きを読む

ポケットモンスター キミにきめた! 感想 2

 

 

 

※ネタバレ注意

 

 

 

 

 続き

ピカチュウと友だちになった後OPが流れるのだけど、

そのOPもまた、鳥肌ものなんですよ

ここは、記憶があやふやなので覚えているところだけ書いていきます。

まず一つ目は、

このOPの間に初めてゲットするポケモン

キャタピーをさらっと流すこの鮮やか演出がとても吹き出ず。

次に二つ目は

アニメ版のOPにあるシーンをリメイクしていると思うのですが、雨に降られながら サトシ カスミ タケシが走るシーンをシーンを

 

サトシだけで走るように改変されていました。

 

ここでアニメ版と決定的に違うのだなぁと思いました。

 

アニメ版も映画版もサトシが主人公と言うのは、変わらないのだけど、

 

アニメ版はサトシ カスミ タケシ とポケモン達の旅の物語

 

映画版はサトシとピカチュウの物語

 

これを演出するために入れたのだと思います。

90分という短い時間で纏めるために、タケシやカスミを削ったのだとは思うけど、

 

ただ削るだけじゃなくて、根本から作り変えているように思えました。

 

だからこそ、ここでマコトやソウジを出す意義を自分の中で消化することが出来ました。

また後で書くとは思いますけど、マコトやソウジはアニメ版のメンバーとは明らかに違います。

それは、旅を通じて信頼し合うという点では同じだけど マコトやソウジは劇的に成長することがない これが一番の違いだと思います。

(そりゃあ 短い尺でこれを描く方が無理ではありますが(笑))

 

そうした物が今思い起こせばあのシーンに盛り込まれていたように思います。

 

三つ目は、

OP最後らへんであった ピカチュウ サトシ

キャタピーが木の上で星空を見上げながら、

何かをして考えているシーンです。

 

これは単純にこの構図が気に入ってるだけです。

 

そして、OPが終わり

ジムバトルのシーンに入ります。

ここでなんと 

 

エリカ様が登場されます!!

 

予告で見たので強調してはいますが、そこまで驚きはありませんでした。(おい

 

ただそのバトルシーンはXYシリーズを思い出させるような映像になっていて、ここでもまたテンションが上がりました。

 

XYシリーズでよく見た 電光石火で敵の技を避けながら一気に近づく あれのカッコよさは本当に半端ありません。

 

ただ、エリカ戦のバッジで三つ目という発言には少し??が出ました

 これは

  1.  単純なミスなのか?
  2. ゲームやアニメとは別の世界観とは違うということを強調したかったのか?
  3. カスミとタケシ戦は案に終わったと視聴者に伝えたかったのか?

このどれにも当てはまらないとは思いますが、ここはよくわからなかったですね。

 

そして、場面はポケモンセンターに移り、

ハナコとサトシが電話シーンになります。

(ここも伏線になるとは正直思いませんでした。)

この場面はそのあと、マコトやソウジと出会うシーンに繋がるのですが、懐古厨からしたら見逃せない会話がありました。

「旅に出て連絡しないなんてほんと

パパにそっくりね」

 

 

え?

 

 

ポケアニはよく見てるつもりですがサトシのパパに言及されたのは、僕が知る限りでは

映像内では初めてです。(雑誌などでは、少し触れられていたりしましが)

これもまた、ポケアニファンからしたら驚きだったと思います。正直キミにきめた!内でパパについて触れられるなんて想像すらしてませんでした。

 

そして、ポケモンセンターにエンティに敗れたトレーナーが来て、エンティと戦うようになるのですが、 サトシ マコト ソウジは手も足も出ずエンティは何処かに消えていきます。(このシーンでロケット団が登場したのですが、今回の作品ではロケット団はほとんど活躍しません 何故だ?)

 

「エンティを逃がしたのはお前のせいだ」と

サトシとマコトが口論になりポケモン勝負をすることになります。

 

その時に感じたことがあり、

一つ目は マコトのポッチャマの技構成ヒカリのポッチャマと一緒じゃね?

でした。

ここらも記憶が曖昧なのでまた今度調べますが、多分技構成を似せてるのはファンサービスだと思います。

 

そして、二つ目はバトルをして友情が生まれるきっかけが出来たということです。

(今回はバトルを通じて友情が生まれたわけではないです。)

 

バトル 友情というのはラストとても重要な意味を持つのですが、それはまた後で書いていきたいとおもいます。

 

そして、バトルの途中でポッチャマのバブル光線がイワークにぶつかり、バトルは中断してしまいます。

 

イワークからサトシとマコトは逃げるのですが、そのシーンの途中にディグダが登場しました。

これは懐古厨からすれば 「おっ!」となるのですが、その理由は至って単純で

ディグダがいっぱい】

という回がポケモン最終回の伏線として用意された回だからです。 だからディグダが登場した時は何かあるのかと思ったのですが、

ただ登場して終わりでした。(残念です)

 

イワークから逃げてはいたけど、イワークを止めるために協力した二人は友情を結びます。

 

その後、ソウジが忠告したように嵐が来ます。(この事を書くのを忘れていましたw)

 

次の場面でついに、ヒトカゲが仲間になることになるのですが、

この事は、感想3に書こうと思います。

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポケットモンスター キミにきめた! 感想 1

一言でこの映画を表現するなら

 

 

きみの目で確かめてくれ!!(完)

 

 

 

 

これじゃあ 何の感想にもならんので言うけど

この映画は僕の中でポケモン映画ナンバーワンです 

 

そう断言出来るぐらい、完成度がものすごく高い。演出しかり脚本も映像も全て高レベルだと言えます。

 

ここからはじっくり書いていきたいので

 

 

ここからネタバレありです。

 

続きを読む

選択は後付け 年齢は……

24歳になって 初めて社会人になったのですが、選択というのは後付けばかりだと思います。

深夜のニコ生の放送に嵌まって生活リズムが狂って留年 からのニートになり、その後社会人として復帰しましたが、
これを選択したからこうなったなんて言える経験はありません。

今の会社を選んだのを選択と言えば、その通りだと思うのですが、それが僕の生き方を大きく変えたか?と言えば

それはNOです。

続きを読む